スピードの出し過ぎに要注意

北海道には多くの観光スポットがあります。
それらの1か所だけを観るのならいいのですが、いろいろ観光して回りたいというのならやはりレンタカーで巡るのが効率的です。
せっかくの北海道旅行、効率よく観光したいものですよね。

北海道ではスピードを出しがち

ただし、クルマの速度超過には十分気を付けなければなりません。
というのも、北海道の道路は見通しが良くまっすぐで広いので運転しやすいからです。
北海道というと、草原の真ん中に他のクルマもなくただまっすぐずっとどこまでも続く道といったイメージを思い浮かべる人も少なくないかと思います。
実際そんな道が市街地を出て10分も走れば広がっているのですが、速度の目安となる対向車や目標物が少ないために知らない間についついスピードを出してしまいがちなのです。
そしてそんな現実から、北海道ではスピード超過が原因の重大事故の発生率が高く、その防止のために速度取り締まりが頻繁に行われています。
取り締まりに引っかかってしまえば、せっかくの北海道旅行も台無しです。

パッシングにも気を付けましょう

対向の親切なドライバーが、パッシングでスピード違反の取り締まりをしていることを教えてくれることもあります。
でもひらけた景色の中、取り締まりをしている様子も見えないししばらく走っても何もなければ「取り締まりはしていないのだろう」と考えてふたたびスピードを上げたとたんにその先で捕まったというケースも少なくありません。
パッシングを見たら、その先10キロ程度は様子を見るほうが無難です。
また郊外は60キロ制限でも市街地に入ったら50キロに変更しているところも多く、気づかずにそのまま60キロで走っていたなら即アウトです。
ちょっとクルマが多くなってきたなと思ったら市街地に入っているかもしれないので、速度制限に注意しましょう。
スピード違反に注意といいましたが、そもそもスピードを出さなければ何も心配はいらないことです。
時間に余裕をもって行動すれば、無駄にスピードを出すことも少なくなりますよ。

関連する記事